poteto-logo

教育

education

オリジナル教材の開発・研究・実施
「生の政治」を扱った主権者教育を提供

私たちは、自治体や教育委員会とタッグを組んでワークショップ・出前授業・教材開発を行っています。これまでの主な授業テーマは、「主権者教育」と呼ばれる、学校外の世界や社会のことを知る教育を主軸に、「政治」を広く捉え、日本の選挙だけでなくアメリカ大統領選挙や難民、国民投票、奨学金、貧富の格差など多岐にわたります。

Class philosophy

授業理念

class example

授業の具体例

トランプで格差を学ぶ

実施
富山市セミナー
実施日
2019年3月8日
導入背景
4月に行われる統一地方選挙を前に、トランプのゲームを題材に若い世代に政治や選挙への関心を持ってもらうため。
授業内容
トランプの大富豪をベースにしたゲーム。貧民が不利になることについて、このルールを変えるべきか、生徒同士で話し合う。
掲載メディア
NHK

奨学金から考える

実施校
聖光学院高等学校
実施日
2018年8月29日
導入背景
高校生に政治の意義を考えてもらうため。
授業内容
政治の役割でもある「奨学金制度」を入り口に、公的なセーフティーネットを用意する政治の必要性、重要性を再考する。
掲載メディア
朝日新聞ダイアログ

詳しい実績、見積もりは
弊社資料に記載されております。

資料請求はこちら資料請求